散骨にまつわるよくある質問をご紹介しております。 クレリとは 資料請求 運営会社
  • 海帰葬とは
  • 海洋散骨セレモニー
  • 海洋散骨ロケーション
  • 料金体系
  • 散骨Q&A
お急ぎの方 散骨のお申込、資料請求 0120-327-144 資料請求(無料)クレリの散骨サービス「海帰葬」の詳しい資料をお送りいたします。
トップページ > 散骨Q&A

散骨Q&A

ここでは、クレリ散骨サービス「海帰葬」に対するご質問で、特にお問い合わせいただく事項をとりあげておりますので、ご参考ください。

散骨は法律上どのような取扱いになるのでしょうか?

A. 刑法の第190条に遺骨遺棄を罰する法律がありますが、散骨は該当いたしません。

散骨を規制する法律はありませんが、散骨が刑法190条の規定する遺骨遺棄罪に該当するかについて、法務省の非公式な見解としては『散骨が節度をもって行われる限りは違法性はない』 とする一般的な概念論を述べているにとどめています。これが非公式ながら海洋散骨を容認する見解とされているのが現状です。しかしながら樹木葬など陸地への散骨は厚生労働省が平成16年に明確に規則の対象としています。これらの見解から事実上、海洋散骨は法律に抵触しないと考えられています。また海上保安庁は以前ホームページ上で『祭祀として節度があれば遺灰は廃棄物に該当しない』と見解しています。(現在は誤解を生むためか削除されています)

※「節度を持って」の具体的内容とクレリの散骨「海帰葬」の対応について

1.遺骨はパウダー状に細かく粉砕すること

ifカスタマーセンターでは専用機械を使用してパウダー化いたします。

2.ある程度まで陸岸から離れること

20kmや10海里(約18km)といわれていますが根拠はありません。 海帰葬では20km以上沖合いのポイントを決めて行っています。

3.航路や船舶交通の輻輳する海域をさける。

航路を避けています。また近くを船舶が通過する場合は十分な距離をとっています。

4.養殖場などの常設漁業海域や海水浴場の付近

遠く離れています。散骨ポイント付近では操業する漁船はありません。

5.葬送儀礼(セレモニー)をもって行うこと

宗教者は同船しませんが海上で厳粛なセレモニーを行います。
海帰葬にて散骨されてることを証明する「散骨証」を兵庫葬連が発行します。

埋葬法については、遺骨、遺灰を海に撒く散骨や自然法を想定しておらず、散骨するために 特別の許可や届出は必要ありません。海洋汚染防止法や廃棄物処理法も上記の通り、「節度をもって行われる限り」 廃棄物に該当しないため問題はありません。また遺灰の成分は燐酸カルシウムであり、まったく無害です。 セレモニーに不可欠な献花、献酒で使用する花束やお酒などの容器、包装は全て持ち帰ります。

以上、散骨という行為そのものは節度を持って行う限り、まったく法律には抵触いたしません。 クレリ散骨サービス「海帰葬」は発表されているガイドラインに最も適合した散骨といえます。安心してお申し込み下さい。

Q&Aトップへ戻る

どのような方が散骨をされるのですか?

A. 散骨をご希望される方の理由は様々です。

「海をこよなく愛していたので」「夫婦二人きりなので、お墓を守る者がいない」「お墓はあるが、遠方なので」「自由な葬儀の形で送られたい」「自然に還りたい」などの理由の方が比較的多いようです。

Q&Aトップへ戻る

海帰葬を申し込む際に、事前に準備する書類はありますか?

A. クレリ葬を施行されたご遺族には、あらかじめご用意いただく書類はありません。

お申し込みの際にifカスタマーセンターが用意する「申込書」と「承諾書」に必要事項をご記入いただき、捺印の上でご提出いただきます。クレリグループ社以外でお葬儀を施行された場合には、埋葬許可証あるいは火葬許可証(コピー可)の提示(見せて頂くだけです)をお願いする場合がございます。書類を保管されていない場合には、葬儀施行日等をお聞きいたしますので、事前にご準備ください。

Q&Aトップへ戻る

お申し込み後の流れはどうなりますか?

A. 海帰葬の施行約一週間前に、担当者がご遺骨をお預かりに伺います。

ご遺骨をお預かりした後、パウダー化作業を行います。海帰葬施行当日に、担当者がパウダー化されたご遺骨を持参いたします。 料金のお支払いにつきましては、海帰葬終了後にご自宅に振込用紙をお送りいたします。 10日以内にお振込みをお願いいたします。お申し込みの際に担当者よりご説明いたしますので、ご安心ください。

Q&Aトップへ戻る

日本海にも散骨できますか?
また、遺骨のパウダー化作業だけお願いできますか?

A. 海帰葬では散骨ポイントを決めて行っています。

Q1でお答えしたとおり散骨する場所は海上保安監部航行安全課などでガイドラインを発表しており、その内容に従って事前に十分な検討を行った上でポイントを決めております。また、船舶の手配、人員の配置の問題や、協業のネットワークも不整備のため、日本海を含め他所での散骨はお受けしておりません。 パウダー化作業だけでの受付はいたしておりません。
ifカスタマーセンターでは海帰葬を施行されるご遺骨のみパウダー化作業を行っています。安易な遺骨遺棄につながる事態を防ぎ、ifカスタマーセンター職員が責任を持って施行する「海帰葬」で散骨されるご遺骨に限りパウダー化作業を行います。

Q&Aトップへ戻る

雨や強風など天候による日程変更はありますか?

A. 天候によっては日程を変更させていただきます。

海帰葬は大自然の中で行われます。大阪湾は内海のため通常は50cm程度の波です。強風(風速10m前後)などで波が1.5mを超えるようであれば出港できない場合があります。小雨が降っていても風が弱く、波が無ければ出港可能です。乗船される方に遠方から来る方がいらっしゃる場合には、天気予報、天気図などを参考にしながら前日までに船長と打合せの上、出港可能かどうかをご連絡しています。しかしながら出港直前の急な天候の変化により、出港時間を遅らせることや、日程の変更をお願いすることも考えられます。最終的には安全を第一に考え、出港の可、不可は船長が判断いたします。

Q&Aトップへ戻る

お墓にも埋葬したいので一部だけの散骨は可能ですか?
また時期的には何時が最適ですか?

A. 可能です。時期的にはご遺族のご希望を尊重しています。

・ご遺骨について
1.お骨壷に入っている、ご遺骨全部を散骨される
2.納骨堂に一部を安置し、残りを散骨される
3.お墓にも埋葬し、本山に永代供養も出され、一部残った少量を散骨される
4.遠方にはお墓があるものの、お参りが大変なため散骨される
・時期について
5.四十九日後に散骨される
6.半年後に散骨される
7.一周忌に散骨される
8.5年前に亡くなった方を散骨される

などなど様々なケースがありました。
その他のケースでも出来る限りのご相談に乗っています。火葬終了後すぐに散骨を希望される方がいらっしゃいましたが、船のチャーターや人員手配、ご遺骨のパウダー化作業など準備期間のために、お申し込みから最短でも2週間程度は必要です。
また、船を貸切る「個人葬」の場合は、ある程度ご希望の日程が予定できますが、「合同葬」の場合には2家族のためにご希望に添えず、長期にお待ちいただくことがあります。「散骨代行」は現在のところ5月中旬と10月中旬の2回行っておりますが、ご依頼の数や天候により時期がずれる場合もございますので、担当者にお問い合わせください。

Q&Aトップへ戻る

ペットの同伴について

A. 乗船可能です。

愛玩用の小動物を移動用の籠に入れて頂ければ乗船可能です。

Q&Aトップへ戻る
Copyright(c) cleri-sankotsu allright reserved.